一歩踏み出してみよう!

更新が遅くなってしまって大変申し訳ありません。

 

成人式実行委員長の山田哲也です!

 

今回からは、成人式のメンバーが新成人に対して伝えたいメッセージや自分の経験を書いていきたいと思います!

 

これで、成人式の実行委員会のメンバーがいかにバラエティーに富んだ人材がいるか分かりまーす笑

 

 

初回は実行委員長の山田哲也から!

 

 

略歴は、、、

 

小学校二年生のとき大阪から横内小学校に転校してきました。その後静岡東中、静岡高校に進学し、現在は国際基督教大学の二年生です。

 

小学校から高校まで、ずっとサッカーをやっていました。

昔からリーダーをやりたがるくせがあって笑

小学校、中学校ではよく学級委員をやってました。一回議長もやったことがあります。

しかも一つ歳の下の弟と一緒に笑

 

 

なぜ静岡成人式2012の実行委員長になったのか?

 

これはみなさん気になる質問じゃないですか???

自分から昨年度の先輩の人にやりたいと申し出ました。

 

昔から人の上に立って何かをやることが好きでしたし、静岡成人式のような大きなイベントを運営する機会は一生の中でも二度とないと思いました。

そして一番強く持っていた思いは、故郷の静岡に何か恩返しをしたいなということです。

自分の人生の半分は静岡で過ごしています。しかも人生で一番大切な時期に。その時期に静岡という場所でいろんな人に出会い、支えてもらって生きてきました。自分が成人になるまで育ててくれた故郷・静岡に何か自分が動いて、価値があるものを残したいなと思ったのが、実行委員長を志望した理由です。

 

 

 

今頑張っていることは何ですか?

 

もちろん成人式の準備ですよー笑

成人式当日まで残り2カ月を切りました。

現在細かい当日の準備をしています。

 

 

実は自分は成人式実行委員会の他に、学生のみの国際協力団体の運営もしています。

このブログの最初で紹介した静岡出身の竹内さんが始めたKIVO(http://kivo-col.com/)という団体で活動しています。

おもな活動はネパールに本を届けることです。

今年の春に実際にネパールに行ってきました。

 

 

 

そのときのことを少し書かせてください!

 

 

自分自身ネパールに行く前は10か国弱の国には行ったことがありました。しかしいわゆる途上国という場所に行くのは初めてでした。

実際行く前は不安でした。サークルの先輩はネパール・インドの国境で強盗にあってボコボコにされた、っていう話も聞いていたんで。

でも着いてみると、まったく違いました!

人が本当に優しく、明るかったんです!

自分のイメージでは、モノや食べるものがなく、常に毎日を悲しそうに生きていると思っていました。

でも想像を覆されてしましました。

 

私たちが村に着いたときは夜遅くでしたが、多くの村人が到着をまってくれてましたし、次の日には村人総出で歓迎セレモニーをひらいてくれました。

私たちが支援している村では、私たちのためにわざわざシャワールームも作ってくれました。

 

また道ですれ違う子供たちはみんな笑顔でした。

 

この村では多くの優しさと元気にあふれていました。

 

確かにモノは少ないし、決して裕福とはいえないかもしれません。

しかし、「毎日を楽し生きる」 そんな当たり前のことが当たり前に感じられる場所でした。

現在の日本は「毎日を楽しく生きているでしょうか?」

モノはあふれ、裕福になりました。日々の暮らしで困るものはありません。

しかし

電車の中ではみながうつむいています。

そして自殺者も増える一方です。

ネパールという国では、何か日本が失ってしまった、失いかけているモノをまだ持っている国なのかもしれません。

 

ネパールに行って本当にいろんなことに興味が出てきましたし、日本について見つめなおすきっかけにもなりました。

本当にネパールに行ってよかったと思います。

 

 

 

新成人に対してメッセージ

 

 

長々とすみませんでした。

こうやって文字にすると、すげーことやっている、私じゃ無理って思ってしまった人がいるのではないでしょうか?

 

でも自分自身、特にすごいことやったっていう実感はありません。

自分の興味を追い求めて行った結果いろんなことが知れました!

 

最近の若者は、やる前からあきらめてしまっている人が多い気がします。

すごいもったいないと思うんですよね!

 

せっかく将来の可能性をつかもうと思えば、つかめる社会にいるのに、それをうまく利用できてないなーって思います。

 

みなさん

 

今本気になって頑張っていることはありますか?

 

そのことに本当に、本気になって取り組んでいるでしょうか?

 

もしそれが見つからなければ、とりあえず一歩踏み出してみましょう!

考える前に先に行動しちゃってもいいじゃないですか?

 

「静岡」ゆかりの人、「若者」という新成人にとって身近な存在の中にも本気になって何かに夢中になっている人たちがいっぱいいます。

もしかしたらそのヒントが過去のブログの中にあるかもしれません。

 

もし迷っているなら、とりあえず、何かやってみましょう!

その一歩で自分自身が変わるかもしれませんよ!

 

 

以上

 

 

長くなりましたが、成人式実行委員長山田からの更新でした^^