努力せずに諦めない

建築現場
建築現場

 

こんにちは!

ブログの更新遅くなってしまってすみません。

 

今回紹介するのは、

私の中学からの友達で、現在”大工”の仕事をしている

岡村亜美さんです。

 

 

1.略歴をおしえてください。

 

生まれも育ちも静岡県。

森下小学校、高松中学校、科学技術高校(建築デザイン科)卒業。

(有)しんま・望月に就職。

中学の時は、部活に入らず、市内の器械体操クラブに入っていました。

バク転」くらいしかできない下手くそでした:;

高校では少林寺拳法部に入り、副部長を務め、在学中に弐段を取りました。

大会では県大会で5回入賞、全国大会に5回出場しました。

卒業後も続け、参段を取り、一般の大会でも2回入賞しました。

仕事では、男だけの現場で、か弱いながらも日々体力をつけ、

大工の見習いを頑張っています。

 

2.今の仕事を選んだ理由はなんですか。

 

幼稚園のころ、私の家を建てる大工さんを見て

かっこいいと思い、ずっと憧れていました。

高校受験の時、将来何の仕事に就きたいか考えると、

やはり大工しかないと思いました。

そこで建築の勉強ができる科学技術高校に進学し、

設計から構造計算まで基礎の勉強をしました。

勉強していくうちに、ますます建築に興味をもち、

自分で家を建てたいという気持ちが強くなり、この大工という職に就きました。

 

3.将来の夢はどんなものですか。

 

未だに現場は男の仕事と言われている世の中です。

女というだけで、現場で嫌われたり、嫌なことを言われたり、

無視されたりしたこともあります。

なので私は、大工の修行を頑張り、親方や大工の先輩、現場の人に

女でも仕事ができるということを証明し、

女職人として認めてもらいたいです。

そして現場で働きたいという全国の女の子の力になれるような

活躍をしていきたいです。

 

4.成人式についてどう思いますか。

 

卒業から会ってない人や、仲のいい連れや、

初めて出会う同い年の人たちがたくさん集まる、とても楽しい場です。

一生に一度の大イベントなので盛り上がりたいですね。

ですが、成人するということは全て自分で責任を持って行動しなければいけません。

この式を機に将来や生き方を考え直すいい機会だと思います。

 

5.私も若者なので人のことは言えませんが、

最近は公務員だの、安定した一流企業だの、

夢のないようなことを言っているひとが多いと思います。

現実を見ていていいのかもしれませんが、

給料や安定だけのために就いた仕事では長続きしません。

若い時は失敗してもやり直せるので、

やりたいことをやり、自分の考えや夢を貫いた方がいいと思います。

努力しないで諦めるのは論外。

 

6.最後に一言。

 

最高の家族と、たくさんのいい連れに恵まれている上に、

夢だった仕事に就いて、いい人生を送っています^^

 

 

 

男の仕事と思われがちな”大工”という世界に、

夢を追って飛び込んだ勇気と熱意、

そして夢のためには努力と労力を惜しまない彼女の姿には、

とても感心させられます。

自分で自分の可能性を狭めていてはもったいないですね。

可能性は無限大です。

 

亜美さん、ありがとうございました!

 

 

 

さて、この場を借りて告知をさせていただきたいと思います。

来る2011年10月10日(月)体育の日!14:00~

静岡成人式実行委員主催チャリティイベント”しずチャリ”を

静岡市民文化会館で行います。

静岡を中心に活動する様々な団体の素敵なパフォーマンス!

ダンスやアカペラ、バンドなどなど!

みなさん、来なきゃ損ですよ!

 

ただいまチケット販売中です!

一枚¥500!

もちろん当日券もございます。

イベントの収益は、東日本への支援物資購入のための資金とさせていただきます。

詳しくはこちら!

http://fumbaro.org/

 

みなさんご協力お願いします!

 

 

文責 原田織江