“Do it! Do it! Do it! 前へ!前へ!前へ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

更新がだいぶ遅れてしまい申し訳ありません。

 

夏休みに入り、帰省している方も多いかと思います。

帰れる場所がある って素敵なことですよね^^

今回も、のんびりと時間が流れております

こちら静岡より、ブログを更新させていただきたいと思います*

 

インタビューさせていただいたのは

静岡大学教育社会3年 増田裕樹 さんです!

私のバイト先の先輩にあたる方で、

現在バイトではリーダーとして活躍されています。

 

それでは早速増田さん、宜しくお願いします♪

 

 

 

1.略歴を教えてください

静岡市立駒形小学校、静岡市立安倍川中学校、静岡城北高校と進み、現在は静岡大学教育学部社会科専修3年です。小学校1年からソフトボールを初め、中学校では野球部に所属。高校には野球部がないので野球生活とは別れましたが、ようやく勉強に対して真面目になり、静岡大学に進学。受験期にお世話になった東進ハイスクール静岡校で担任助手となり、現在3年目。校舎リーダーとなり、神奈川・東京にある各校舎のリーダーと共に会議等を行い、さらなる向上を目指しています。大学生活ではテニスサークルに所属し、素晴らしい仲間たちと共に大学生活を過ごしています。

 

 

2.静岡での日々はどのようなものですか

市内の実家から大学まで通っています!!1.2年では小・中学校教育に必要な基本的な知識を学ぶと共に、同じ社会科だけではなく、音楽や美術、国語などの専修の人達と協力しながら勉強をしました。リコーダーを吹いたり、班を作って作業をしたり、美術の作品を作ったりなど、他の学部の大学生にとってはなかなか味わえないことをしています。3年ではさらに専門性が増して、現在「地理」について詳しく勉強しています。農村や都市のことについて学ぶだけでなく、今年起きた東日本大震災の影響を受けてどのように東北地方の地理が変わったのか仙台市や塩釜港といった現地に近い場所にも行きました。また、2.3年では合計6週間もの教育実習を経験しました。

同時に東進ハイスクールという予備校で高校生を相手に週に1回面談を行い、受験までの勉強スケジュールを立てたり、問題点を明らかにして、第1志望校に合格させることを目標にして生徒と共に自分も成長しようと日々努力しています。

 

 

3.現在の「夢」、「目標」、「取り組んでいること」はなんですか

「夢」

・静岡市の小学校教員になって、子どもが考えている「ねがい」に対して本気で「関われる」ような人間になる。

 

「目標」

1年後に控える教員採用試験に1発で合格すること

(単純にそのほうがより多く子どもと関われるから)

・今よりさらに多くの人達と交流をもつこと

10を知るより100を知る方がその分自分の人生に刺激を与えられると思うから)

・現在の予備校で関わっている生徒の1人でも多くが自分に対してもっと本気になれるようにすること

(高校生と関われるのは人生で残り2年しかないので今まで以上に本気で)

 

「取り組んでいること」

・静岡附属小の先生方の研究授業等に出向き手伝い、交流すること。

・社会科という特徴を活かして、1つでも多くの場所を「地図」だけでなく「現場」を見ること。

・年齢、経歴、性別など関係なく、多くの人と関わり、考えや知識を学ぶこと。

 

 

4.成人式についてどう思いますか

今まで20年間生きてきて、関わってきた友達と再び会える貴重な場所であると思います。

数年間会う事の出来ていなかった友達が、どんな人生を過ごし経験してきたのか、現在何を取り組んでいるのかなど、新鮮であり、とても貴重な場であります。自分の過去を懐かしむだけでなく、これからの自分に向かい合う機会ですね。また、自分に今まで関わってきてくれた家族、友達、先生などすべての人に感謝する場であるとも思います。

 

 

5.最近の若者についてどう思うか

自分も若者なので大きなことは言えません笑

ただ、個人的に考えることは常に自分を見つめなおして欲しいですね。

「夢」や「目標」をいうものは出来たら「不変」なのが良いかもしれません。例えるなら、小さいころから野球選手になりたかった、○○大学に入りたい、△△に就職したいなどの「夢」や「目標」は各個人持ってきたと思います。しかし、今振り返ってみて、昔から今まで「夢」や「目標」が「不変」の人は、ごくわずかだと思います。これは自分自身も昔考えていた未来の自分と今の自分は違います。ただ、多くの人と関わることで今まで知らなかった世界に興味を持ち、変わることもあると思います。生きていく上で予想外のことなんてたくさんあると思います、でもそのたびに真摯に受け止めて、考えた上で変わっていくことでさらに素晴らしい未来が築けると思います。常に自分を見つめなおして、向上してもらいたいです。

 

 

6.最近の若者へ一言お願いします

「行動すること」と「感謝の気持ちを持つ」ことを忘れないで欲しいと思います。

常に受け身では知れることも限られると思います。行動すれば何か変わるはずです。また感謝の気持ちは忘れずにいて欲しいと思います。

 

最後に自分の尊敬する若者である税所篤快さんの簡単な紹介と言葉で締めくくりたいと思います。

税所篤快(さいしょあつよし)さん…1989年生まれの早稲田大学教育学部3年生。バングラデシュ・ダッカ在住。

19歳でグラミン銀行(2006年ノーベル平和賞)において日本人コーディネーターに、20歳でグラミン銀行史上最年少で事業「e-Educationプロジェクト」設立。バングラデシュの貧困地域においてDVDによる授業を駆使し、最難関であるダッカ大学に生徒を合格させるなど、活躍している若者です。

 

Do it! Do it! Do it! 前へ!前へ!前へ

 

 

 

ありがとうございました!!

 

 

文責:柿澤幸花

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Zachary (土曜日, 21 7月 2012 17:33)

    I just love this site, its amazing and awesome and really speaks to you|I have activated to your rss feed which need to do the trick! Use a nice evening!