やりたいことやったもん勝ち

 
みなさんこんにちは!
 
昨日静岡は震度5弱の地震にみまわれました。
とうとう東海地震がきた!と思ったのは、私だけしょうか。
恐怖のあまり、ただその場で揺れがおさまるのを待つことしかできませんでした。
みなさんや、みなさんのご家族はご無事でしょうか。
そうであることを願っています。
 
さて、今回も「静岡×若者の力」をテーマのもと、「静岡」や「若者」というカテゴリーの中で
輝いている人、頑張っている人を紹介していきたいと思います。
 
今回私が紹介したいのは、鈴木隼人さんです。
   
 
 
 ≫略歴を教えてください。
 
静岡生まれの静岡育ち。
都内の大学、大学院に進学しようとも静岡から通う生粋の静岡Lover:D
大学2年生の時に怪我で外出できなかった時期に
韓国、中国、ベトナム、北欧、北米で人気のElectronic sports(FPS)に出会う。
現在、学生をしながら企業からスポンサードを受け、
プロフェッショナルゲーマーとして世界大会での優勝を目指して活動してます。
  
 

 ≫E-sports(Electronic sports)とはどのようなものですか。
 
情報社会に生まれた新しいスポーツ。
操作に高度な技能が必要となる対戦型ビデオゲームを用いた競技のこと。
スポーツ競技の一種としての電子ゲーム。
大会が開かれ10000$以上の賞金をかけて競うこともあり、大会の様子はインターネット、テレビなど様々なメディアで観客に提供され、プロスポーツと同じようにエンターテイメントとして楽しめるものになっている。
日本ではなじみがないが、E-sportsにもプロスポーツのように大会の賞金やスポンサー企業からの後援によって生計を立てるプロフェッショナルプレーヤー(職業ゲーマー、プロゲーマー)が存在する。
E-sportsの大会は韓国、中国、アメリカ、ヨーロッパで盛んなため、プロゲーマーもこれらの国に多い。
 

 ≫静岡での生活について教えてください。
 
静岡のゆったりとした時間の流れ方が大好きです。
好きなこと、興味のある事、本気になれるもの、やらないといけないことに
全力を注いで毎日生活してます。
 
 

 ≫大学生活、そして将来の夢について教えてください。
 
大学2年生まで俺ってやりたいことないなー将来何しようかなーって思ってて、
ふと、1カ月くらい海外ぷらーってしてこよう!
そしたら何か見つかるんじゃないかって思って、ヨーロッパ、アフリカ、中東をぶらぶらしてきました。
頭では分かっていたけれど自分の知らない習慣、生活、宗教etc...がごろごろ転がってて、
ただただ初めてみるものにすげーすげーって言ってました:)
 
英語以外の言葉は全然分からなかったけど、その国々のバーなりパブで現地の学生と拙い英語とボディーランゲッジを駆使して酒飲みながら話してると
今日会ったばかりの名前も知らない相手がべろんべろんに酔っぱらいながら俺は今こういうこと学んでて、将来はあんなことやりてーんだよ!って長々と熱く語り始めて、
こいつ目標持っててすげーな、明確な目標を持ってやりたいことやってるやつってかっこいいな。
今の自分かっこわりーなって思わされました。
 
 
 
帰国後、学生のうちなら時間だけはあるし失敗しても許されるなって思って、
とりあえずやってみるってのを何度かやってみて、今はプロゲーマーとして世界大会に参戦、
世界大会で知り合った海外のチームと合宿したりしながら学生生活やってます。
 
将来の目標は日本でのE-sportsの認知と発展、ゲームを通じて国際交流の懸け橋を作れたらいいなと思っています。
 
 
 
 ≫成人式について
 
式に参加するのであれば形式、様式などの決められた形に則って、式典がなぜ開かれるのかって意味を理解してから真摯な気持ちで式典に臨む事が大事かなって思います。
じゃないとせっかく参加するのにもったいないなって思います:)
 
また、大人になるってことは自分の行動に責任ってものが付いて回ってきて、
何かあったときに責任をとれる、とらされるってことだとよく言われてるけど、
責任をとる。って言葉では簡単に言えるけど、実際に直面した時、責任という言葉は本当に重いです。
 
成人と未成年の区切りを自覚しに行くだけでも成人式に参加する意味があるし、
昔の友人に会って近況を報告しあったり、好きだった異性がどんな感じになってるのかなーとか、その人によってイベントがあって面白いです:D
 
 
 
 ≫若者にメッセージ
俺も若者なんすけど・・・(笑
 
やりたいことやったもん勝ち。
失敗しても何度でも挑戦しようぜ:)
自分の可能性を自分で狭めちゃ駄目でしょ:D
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文責 原田織江