望む心に不可能はない

ダンスサークル Genesis 写真右:エリーさん
ダンスサークル Genesis 写真右:エリーさん

 

こんばんは!

 

記念すべき二回目の更新となりました^^

 

 

最近は雨ばかりですね:(

静岡の梅雨明けは7月中旬だとか…

みなさんいかかお過ごしでしょうか*

 

 

というわけで今回も、

“静岡”“若者”といった身近なくくりで

輝いているひとを紹介していきたいと思います。

 

 

今回私が紹介したいのは、

静岡県立大学3年の後藤エリーさんです。

私が所属しているダンスサークルの代表であり、

他にもさまざまな分野で活躍している素敵な先輩です。

 

 

 

 

お忙しい中

アンケートに答えていただきました。

 

 

>>>>>

 

 

「略歴を教えてください」、

 

1989年にフィリピンで生まれました。

2歳のときに

シングルマザーだった母が家計を支えるため、単身日本へ。

そして14歳になったとき

いつか一緒に暮らすという約束を果たすため

母は私を日本に呼びました。

一般の中学校に2年生として入学。

高校は常葉学園高校に入学。

英語がメインの人間文化コース

(現在はグローバルコミュニケーションコースに改名)に進みました。

所属していたダンス部では、部長をつとめました。

そしてその後、

推薦枠で憧れの静岡県立大学に合格! 

今年2011年、無事3年になりました!

 

 

 

「静岡での日々について教えてください」

 

地元は静岡ですが、昨年一人暮らしを始めました。

すべて自費のため、バイトをしながら

勉学やサークル活動にも励んでいます。

サークルはダンスサークルのGenesisと

ESSという部活に所属しています。

現在は引き継ぎのため、後輩の育成に力をいれ、

引退までの残り少ないイベントや行事に向けて準備をいています。

 

 

 

「Genensisについて教えてください」

 

2009年夏、大学1年の時、 

限られた時間の中で少しでもたくさんダンスがしたいと思い、

友達4人を集めてこのダンスサークルを立ち上げました。

名前の由来は聖書、意味は“始まり”です。

去年2010年に県立大の公認サークルになり、

新一年生もはいってきました。

登録されて間もない時から、多くの団体や個人から出演オファーをいただいています。

そして今年の4月には、私たちGenesisが第一回チャリティーイベントを主催しました。

静岡市内のダンス部やサークル5団体、総勢55人でさまざまなダンスを披露し、

素敵な舞台に仕上がりました。

最終的に、来客数は350人!

寄付金は162,135円集まりました。

その収益は、母国であるフィリピンの5人の子供の生活、教育費と、

東日本大震災の義援金とさせていただきました。

今年2011年は、さらに一年生が加入し、

39人のメンバーで毎週楽しく、時には厳しくダンスに励んでいます。

 

 

 

「ESSについて教えてください」

 

同じく大学一年生の時、もっと英語に触れたい思い、

そのような部活を探していました。

やっと見つかったESSという団体は、

部員が一人で、廃部の危機にありました。

もともとESSは県立大で最も歴史のある部活であり、

英語のスキルを上達させる貴重な場だと考え、

ESSを復活させることを決意。

部室掃除からスタートし、部員集め、新たな活動内容の考案など、

さまざまなことに挑戦し反省を繰り返しながら、今の形に決定しました。

2011年現在、計30人でディベートやTOEIC対策、ゲームなどの活動をしています。

 

 

 

「成人式についてどう思いますか」

 

フィリピンにはこの様な行事がないので、

すごく羨ましく思います。

成人式は、人生の新たな一歩を踏み出すスタートラインみたいなものだと思います。

 

 

 

「今の若者についてどう思いますか」

 

早く大人になりたいと考えているひとが多いと思うけれど、

一生に一度しかない通らない今のこの時を、

もっと“若者らしく”いてもいいと思います。

 

 

 

「最後に若者に一言!」

 

Nothing is impossible for the willing heart.

*望む心には不可能なことはない

 

 

 

 

>>>>>

 

 

 

 

フィリピン出身という経歴をもちながら、

常にチャレンジ精神をもち、

自分の範囲を広げていくエリーさんの姿に、いつも刺激を与えられます。

“望む心には不可能なことはない”

まさに、その言葉を反映しているように思えます。

 

エリーさん、

お忙しい中ありがとうございました!

 

 

 

 

原田織江

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Jonah (日曜日, 22 7月 2012 22:19)

    Worthwhile info. Fortunate me I discovered your web site by accident, I bookmarked it.